疲労回復の秘訣

運動不足でしかもストレスが多い方が増えていますね。

普段運動していないと、ちょっと動いただけで疲れてしまうかもしれません。

そんな時、「疲れたから動けない・・・」と言ってゴロゴロしていませんか?

実は、筋肉は運動すると縮んでそのまま固まろうとする性質があります。

つまり動かした後そのまま放っておくと、筋肉が縮んだまま固まってしまいます。

そうするとその部分の血流が悪くなり、疲労物質(疲れを感じる物質)がずっととどまり続けてずっと疲れてしまうのです。

ですから疲れた時は、適度に体を動かすことでその筋肉の硬直を抑えて血流を改善し、早く疲れを取ることができるのです。

と言ってももちろんやりすぎは禁物。

疲れすぎない程度にほどほどにしてあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。