手についた灯油のニオイ

寒くなると暖房器具が活躍します。

その中でも石油ストーブや石油ファンヒーターなどの暖房器具は必ず灯油を使います。

灯油のポリタンクのキャップを開け閉めする時や移す時に灯油が手につかないように気をつけていても手に匂いが残ることがあります。

そういう場合はみかんの皮が役に立ちます。

石油をよく使う冬場はみかんの美味しい季節です。

そんな身近なみかんを使って手についた石油の匂いを簡単に消すことができるのです。

方法は、みかんの皮を手に付けてこすった後に石鹸を使ってお湯で洗うだけ。

みかんの皮を剥く時に、皮から飛ぶ黄色い液が灯油の匂いを消してくれます。

その液に含まれているリモネンという成分が、灯油の嫌な匂いを消してくれるのです。

手に匂いがつた時は一度この方法を試してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。