ダイエットが続かない失敗から学ぶ、ダイエットが続かない人への基礎的な注意点 3選!

私は今、小学校の頃と比べてかなり痩せました。

ある休みの日にふと小学校のアルバムを見たのですが

今とは比べ物にならないぐらい太っていてその頃、親にも「どんどん太っていないか?」と言われたほどです。

そんな私が食事制限と筋トレをして失敗した点と改善点を教えていきたいと思います。

食事の失敗点と改善点について

1お腹が空く

まず、私はオーソドックスな食事を制限して痩せようと思ったのですが

お腹が空いて集中が出来なくなってしまって生活や勉強面にも支障が出ました。

でも、この改善点は至って簡単で、満腹感の得れる食事を取るだけです。

2飽きる

食べ物はどんなに好きなものでも毎日食べて続けていると飽きてきます。

私も実際、納豆が好きだったのですが、ある日、母が納豆を大量に購入してくれたので毎日1パックを1ヵ月程食べていたら、納豆がとても嫌いになり、約2ヵ月食べなかったくらいです。

この改善点は少しづつ、色々な食べ物を回して食べていくことです。

筋トレの失敗点と改善点について

1筋トレをすることへの心配

筋トレを始める前の私は,「筋トレをしたら筋肉がかなり付くんじゃないの?」と考えていて、真面目にやらなかったりして最初の頃は、ほぼやってないと同じでした。

筋トレ始めて、約一ヵ月も経ってから調べてみたら、筋トレはジムとかに行って鍛えない限り基本そんなに筋肉はつかないらしいです。

そこからまた、筋トレを始めたのはいいのですが、結局すぐやめてしましました。

筋トレをして長く続かない人がやりがちなことは、「一日にこれだけやる!」と言っていきなり、自分には出来ないような量やとてもキツイと感じるぐらいでもやるということ、

私もこれをしてしまって1週間と持ちませんでした。

大事なのは自分が少しキツイと感じる程度の回数でいいです。

物足りないと感じるかもしれませんが、

とてもキツイと感じる量を長続きしないのにするか、少しの量でもずっと続くか、なら最終的には少量でも毎日筋トレを継続する方が効果的ですよね?

慣れてきたら少しづつ回数を増やしていっていくといいと思います。

もし置き換えダイエットが辛いと感じている方は置き換え食品もご検討くださいませ

置き換えダイエットにおすすめの人気商品一挙紹介

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。