鼻づまりで眠れないときは

玉ねぎ

鼻づまりで寝れない時は玉ねぎがオススメです。

玉ねぎの皮をむいてまるまる置きます。

少し切り込みを入れると良いかと思います。

涙が出る成分が多くでるようにします。

涙が出る成分は鼻づまりを良くするので風邪の時は玉ねぎを側において寝ると寝やすいです。

昔から風邪の時はネギを首に巻くと良いと言われています。

同じ原理で玉ねぎを側においとく方が体に臭いがつかず効果があります。

涙が出る成分が多い玉ねぎほど鼻づまり解消の効果があります。

風邪の時は玉ねぎを料理に使った時は少しだけ残して生のまま部屋に置いていると良いです。

風邪の時は栄養として玉ねぎをとって寝る時も玉ねぎを置いて活用しましょう。

値段も安く包丁さえあれば良いので一人暮らしでも男性でもお手軽です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。